リリカルマジカルSS

はじまるよ~(●・▽・●)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

<物語>シリーズ セカンドシーズン 第15話 「囮物語 なでこメドゥーサ 其ノ肆」

猫物語(白)15001
「なんで忍さんは助けるの?暦お兄ちゃん・・・。撫子のことは助けてくれなかったのにいいいいいいいい!!」
なでこメドゥーサ!
忍は撫子は刺激しすぎたなぁ。 確かに言い訳ばかりする撫子をいじめたくなるのはよくわかるんだけどw
阿良々木さんも「刺激するな」とか完全に撫子を危険人物扱いしてましたねw

「そして、物語は冒頭へと戻ります。お帰りなさい♪楽しかったですか?」
楽しかったですw
特にざーさんのキレ演技は堪能させていただきました(つ∀`)
冒頭で阿良々木さんが凄く傷を負った状態だったけど、こんだけぶっ刺されたらボロボロになりますわな(^^;

猫物語(白)15002
「妄想・・・つまり撫子がパートナーだと思っていたクチナワさんは本当に幻覚で本当に幻聴だったってことだね」
これまでのクチナワさんはみんな撫子の妄想の産物だったとは(^ω^;)
クチナワさんいいキャラしてるし、撫子に面白いキャラを創り出す才能があることはわかりましたw
「あぁん?」は撫子のお気に入りの言い方だったのね(ノ∀`)

扇が全ての黒幕?
わざとらしく、御神体が阿良々木さんのところにあることを教えて、封印が解けて神様が復活すれば撫子の願いが叶うよとそうするように誘導してたし。
ここで扇が余計なことを言わなければ撫子は捏造物語なんて感がることもなかったんでしょうね。
なんだ、扇が全ての元凶じゃんw
何か目的があってしてるんだろうけど、それが何なのかはいずれ明かされるのかな?
「面白そうだから」とかそんな理由じゃないといいんだけどw

「前日、わざとご両親に見つかるように家を出て、月火ちゃんや暦お兄ちゃんにその情報が伝わるように取り図ったのは阿良々木家の中に入って鍵を拝借するためだろうが」
撫子マジ策士!
ってただの犯罪じゃんかw
あの御神体探しの旅?が全部撫子の策略だったとは(^^;
さすがにこれには引いたというかちょっと怖かったw
何も言わず無表情で忍を刺しまくるのも怖かったw


猫物語(白)15003
「生きてたら暦お兄ちゃん、どうせまた彼女とか恋人とか作るだろうし、その度失恋するのもしんどいよ。絶対に叶わない恋をし続けるって意味なら、暦お兄ちゃんに死んでてもらう方がずっとロマンチックじゃない♪」
撫子さんこええええええ(゚д゚;)
ロマンチックってそんな意味だったっけ?w
この発想はストーカー殺人しちゃう人と同じ思考だよなぁ。
それをまだ「私は悪くない。仕方ないんだよ」と被害者ぶりながら言い訳しつつ実行しようとしてるんだから、もう病んでるとかいうレベルじゃない(^^;
忍も「手遅れ」と言ってたし、クチナワさんも「そこまで狂ってるのか」と半分同情してるような感じだったし、どうやっても撫子が普通の可愛い女の子になれるとは到底思えない(/∀`)

「こんにちは、千石さん。私の男はまだ生きている?」
本妻キタ━━!!
この状況で「私の男」と言いのけるガハラさんはやはりさすがや(/∀`)

「もしも違う形で出会っていたら、撫子と戦場ヶ原さんは友達になれたかもしれないね」
「いや、それはない」

即答w

「悪いけれど、私はあなたのような可愛いガキが昔の自分より嫌いなのよ」
ガハラさんが昔の自分より嫌うって最も嫌ってるというか存在そのものを認めてないってことじゃ(^^;
これはガハラさんだけでなく、大なり小なり違うとしても忍も月火もみんな同じ心情なんでしょうか。
これでまた撫子は更に狂っていくとw


猫物語(白)15004
千石撫子監督・制作総指揮による予告編w
あくまで撫子の予想なのでこうなるわけじゃないのかもしれませんが、早く見たいと思わせる出来にはなっていたと思います。
まあ、自らラスボス宣言してからの全滅エンドみたいだけどw
阿良々木さんが賽銭箱に入れられるところはめちゃシュールだったw

「coming soon!・・・神だけに( ̄ー ̄)」
やば、笑っちゃったw
こんなベタなのに笑ってしまうなんて悔しい(//∀`)


ブログパーツ

| <物語>シリーズ セカンドシーズン | 03:12 | comments:0 | trackbacks:7 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

この記事のトラックバックURL
http://najigo.blog31.fc2.com/tb.php/1072-0e339dcf

 物語シリーズ セカンドシーズン  第15話 なでこメドゥーサ 其ノ肆 感想      次のページへ
[2013/10/13 03:52] 荒野の出来事
<物語>シリーズ セカンドシーズン 猫物語(白) 第1話 ~  第15話 なでこメドゥーサ 其ノ肆 とある田舎町の男子高校生・阿良々木暦は、街に現れた瀕死の女吸血鬼を助けたことがきっかけで、吸血鬼もどきの人間となってしまう。女吸血鬼はその力を封じられたものの、「怪異の王」たる吸血鬼の出現はこの街の霊的エネルギーを乱し、様々な怪異の類が出没するようになる。暦はそうした怪異に憑かれた少女と...
「可愛いだけのガキなんぞ、我が身可愛いだけのガキなんぞ、 見捨ててやればよいのじゃよ」 可哀相で可愛い、被害者でい続けせてやるのが情けじゃろ。 暦お兄ちゃんと両思いになりたい、 そんな願いをつぶやく撫子の前に当の暦が帰ってきた!! だが、撫子の願いについては最初に否定しただけで、 暦の関心事は撫子が手にしたお札に方にある様子。 冷静になって札を床に置くよう懇願する暦だったが...
クチナワのご神体を見つけた撫子。 しかし、そこに暦が現れて、ご神体を手放すよう説得するが… ようやく「囮物語」の冒頭の話に繋がる展開。 撫子が作りだした「囮」の物語は、ここでひとまず完結? 続きは、別エピソードを挟んでまたって本当ですか?(^^;  
[2013/10/13 12:01] 空 と 夏 の 間 ...
第15話「囮物語 なでこメドゥーサ其ノ肆」 お札を手にした撫子を見て、刺激しないように説得を試みる暦。 暦が持っている分には害は無いのでしょうね。しかし今の撫子には危険でしかない。 可哀相で可愛い被害者でい続けせてやるのが情けじゃろ。 可愛いだけのガキなんぞ、我が身が可愛いだけのガキなんぞ、 見捨ててやればよいのじゃよ。 暦の思惑とは真逆に撫子を煽る忍...
[2013/10/13 14:10] いま、お茶いれますね
猫物語(白) 第一巻/つばさタイガー(上)(完全生産限定版) [Blu-ray]『じゃあ、殺そうか暦お兄ちゃんを』 原作:西尾維新 キャラクター原案:VOFAN 製作会社:シャフト 監督:新房昭之 阿良々木暦:神谷浩史    羽川 翼:堀江由衣   戦場ヶ原 ひたぎ:斎藤千和 忍野 忍:坂本真綾   八九寺 真宵:加藤英美里   神原 駿河:沢城みゆき 千石 撫子:花澤...
[2013/10/13 21:59] 明善的な見方
愛は憎悪の始めなり―
[2013/10/20 15:21] wendyの旅路

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング レンタルCGI