リリカルマジカルSS

はじまるよ~(●・▽・●)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

魔法科高校の劣等生 第6話 「入学編Ⅵ」

魔法科高校の劣等生06001
「わたしはお兄様を蔑んだりはしません。たとえ、わたし以外の全人類がお兄様を中傷し、誹謗し、蔑んだとしても…わたしはお兄様に変わることのない敬愛を捧げます」
敬愛?w
この全裸イメージ画像のせいで敬愛以上のものを感じてしまうのですが(つ∀`)
OOのせっちゃんとハムさんの全裸空間でのやりとり思い出したw

魔法科高校の劣等生06002
「(渡辺先輩に)『お前では相手にならないから無駄だ。自分にふさわしい相手を選べ』…と。それってきっと私が二科生だから…そう思ったら…」
「いや、あたしはお前を素気無くあしらったりはしてないぞ?たしかあの時こう言った『あたしの腕では到底お前の相手は務まらない。それよりお前の腕に見合う相手と稽古してくれ』…と」
「じゃあ、私の誤解だったんですか…?」

誤解だったのかよ(^ω^;)
ていうか、渡辺先輩の言葉をどう聴いたらそう解釈できるんだということが不思議でならないw
ラノベ主人公たちの難聴スキルよりも酷い(ノ∀`)
まあ、深雪も言ってましたが自分のことを自分自身で一番蔑んでたり、ブランシュの奴等が日頃から一科生に恨みを持つように仕向けてたりしてたみたいだし、そいういった状況下でかなりひねくれた解釈をしちゃっただけなのかもしれないけど。
それでもテロに加担したことの言い訳にはならないし、正直まったく同情できないのが辛い(^^;

「司馬くん…少し動かないでね」
あれれ?深雪さんが怒らないだと!?w
さすがにこの流れでみんなの前では自重したのかなw
家に帰ったら「なんで壬生先輩の肩を抱いたのです?」とお仕置きタイムが待ってると思うけど(/∀`)


魔法科高校の劣等生06003
「俺と深雪の日常を損なおうとする者は全て駆除します。これは俺にとって最優先事項です」
「・・・」
「・・・」

みんなドン引きw
そりゃ、かっこよく堂々とシスコン宣言されたらそうなりますわ(/∀`)
シバさんは家族ともいろいろあるようだし、深雪との一緒の時間がそれだけ大切ということなんでしょうね。
これシバさんだがら許されるけど、世のお兄ちゃんたちが同じこと言っても「きめぇ」で終わりですよw

ようやく次回で入学編が終わる?みたいですね。
長かった…w


ブログパーツ

| 魔法科高校の劣等生 | 04:36 | comments:0 | trackbacks:7 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

この記事のトラックバックURL
http://najigo.blog31.fc2.com/tb.php/1187-95542367

「俺と深雪の日常を損なおうとするものは、すべて駆除します」 公開討論会がうまくいったと思ったら、テロリストが急襲!! 達也は攻撃された棟に向かおうとするが、 小野というカウンセラーがそっちは囮で、敵の本命は図書館だという。 なぜそこまで分かっててなぜ…と思わないでもないんだが~
足るを知れ―
[2014/05/11 10:52] wendyの旅路
テロリストを鎮圧する達也さん強すぎw 深雪との生活圏に入った邪魔者に達也さんの怒りが炸裂(^^; あくまで妹だけが大事な兄です(笑) 生徒会や風紀委員の活躍によって、ブランシュの襲撃は速やかに鎮圧されていく。 敵の情報を得た達也は、深雪たちとともにブランシュが狙っているという図書館へ急ぐ。 同じころ、図書館にある特別閲覧室では、テロリストが魔法大学の所蔵する機密文献に...
[2014/05/11 12:08] 空 と 夏 の 間 ...
第6話「入学編Ⅵ」 深雪のお兄様教が全裸謎空間を作り出すまでに昇華したw (やっぱこれはノルマなんだなと確信w) まぁそこはいいとして司波兄妹の介入と二科生ってマジですか?なレオとエリカの活躍もあってテロリストはあっさり拘束されたなぁという印象。 壬生先輩のフォローに終始した感じですかね。
[2014/05/11 12:44] いま、お茶いれますね
「俺と深雪の日常を損なおうとするものは全て駆除します  これは俺にとって最優先事項です」 ブランシュの狙いは機密文献である魔法研究の最先端資料! 今回の一件を見過ごせず叩き潰す為に拠点へ乗り込むつもりの達也   【第6話 あらすじ】 生徒会や風紀委員の活躍によって、ブランシュの襲撃は速やかに鎮圧されていく。敵の情報を得た達也は、深雪たちとともにブランシュが狙っているという図...
[2014/05/11 20:16] WONDER TIME
魔法科高校の劣等生「第6話 入学編VI」に関するブログのエントリページです。
[2014/05/12 10:51] anilog
魔法科高校の劣等生の第6話を見ました。 第6話 入学編VI レオンハルトやエリカの力も借りて反魔法活動団体の狙いである魔法大学の非公開資料を達也と深雪は守り抜くのだった。 剣道選手としての評価と二科生としての評価のギャップに悩んでいた紗耶香は甲にマインドコントロールされていたようで、達也は勘違いし続けた1年間は無駄ではなかったと説く。 そして、反魔法活動団体を根絶やし...
[2014/05/13 14:14] MAGI☆の日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

アクセスランキング レンタルCGI