リリカルマジカルSS

はじまるよ~(●・▽・●)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

魔法科高校の劣等生 第10話 「九校戦編Ⅲ」

魔法科高校の劣等生10001
今回は温泉回!
・・・ってなんで湯着を着てるんだ(^ω^;)
湯気や謎の白光が仕事をしようともテコ入れの意味でもここは全裸であってほしかったw


「私とお兄様は実の兄妹よ?お兄様を恋愛対象として見たことなんてないから」
魔法科高校の劣等生10005
「ダウトぉー!!」
ただこれがやりたかっただけです(つ∀`)
周囲関係なくお兄様にラブラブ光線を出しまくっている人が言ってもなぁw
深雪にとっては恋愛対象以上の存在ってことなんでしょうが(^^;

魔法科高校の劣等生10002
「それにしても…」
「何?」
「いや…」

「Hi!エリカ。可愛い格好してるじゃない♪」
深雪のディフェンス対応が早いw
インターセプトというか多少ファウルっぽい強引なディフェンスだったけど(ノ∀`)

「お兄様は女の子の服装なんて表面的なことにとらわれたりしないもの」
確か深雪さんは家で二人きりの時はミニスカでアピールとかしていたような記憶がw
前々回も試合用のユニをお兄様に見てもらい、宙に浮きながらほめて貰ったばかりじゃん(/∀`)
つまりは「メイドコスなんかでお兄様を誘惑してんじゃないわよ、この雌豚が!」と言いたいわけですな(ぇーw


魔法科高校の劣等生10003
ティッピー老師
個人的に清川さんといえばガーゴイルだったり冬月が印象が強いのですが、今はうさぎじじいが一番強いw

「手品の種に気づいたのは、私の見たところ5人だけだった」
5人だけ?
シバさんと深雪は確定として、あとは誰だろう?
十文字先輩と会長も気づいてるとして、後は半蔵くん…はないかなw
クリムゾンプリンスがちゃんと気づいていたのか気になる(^^;


魔法科高校の劣等生10004
「誰だ!?」
「幹比古…俺だ」
お兄様だったのか(/∀`)
まあ、視聴者は誰もが「シバさんだな」とわかっていたんでしょうけどw
これでED突入とかいかにもこの作品らしいというかなんというかもう慣れてしまったw


ブログパーツ

| 魔法科高校の劣等生 | 06:21 | comments:3 | trackbacks:7 | TOP↑

COMMENT

ご注文は糞ジジイですか?

>深雪にとっては恋愛対象以上の存在ってことなんでしょうが(^^;
「恋愛感情は持ってない。」「これは兄妹愛なのです!」
「私の目の黒いうちは、お兄様を泥棒猫なんかには渡しません!」
ということでわ?w

>お兄様だったのか(/∀`)
最愛の妹が入浴中に、浴室の外をにーさんがガードしないわけないじゃないですか。
言われてみれば、考えるまでもなかったな。

| 名無しさん | 2014/06/08 08:27 | |

ミキヒコも覗きとしてマークしていたのかもしれないw

| 名無しさん | 2014/06/08 09:20 | |

仕方ないです!

湯着は原作でも来てたからしょうがない・・。
他も大体原作通りですから・・。

| moon | 2014/06/08 09:51 | |















非公開コメント

この記事のトラックバックURL
http://najigo.blog31.fc2.com/tb.php/1199-e8af26df

魔法を生かすも殺すも自分次第―
[2014/06/08 07:00] wendyの旅路
 魔法科高校の劣等生  第10話 『九校戦編Ⅲ』 感想  次のページへ
[2014/06/08 08:22] 荒野の出来事
魔法科高校の劣等生の第10話を見ました。 第10話 九校戦編III 九校戦に向けてバスで宿舎に移動する代表のメンバーは道中で対向車側の車が急に炎を上げて突っ込んできたのだが、事故ではなく意図的な魔法による犯行だと分かる。 「では、先程のあれは事故ではなかったの?」 「あぁ、魔法の痕跡があった」 「私には何も見えませんでしたが…」 「小規模な魔法が最小の出力で瞬間的...
[2014/06/08 08:52] MAGI☆の日記
達也兄さん、マジ優秀(笑) 事故も回避し無事に九校戦の宿舎に到着。 施設の地下にある温泉に深雪ちゃんたちも入ります。 意外なとこで温泉回でしたw   九校戦の会場に向かう途中、対向車線を走る車がガード壁に激突。 宙を舞って一高生の乗ったバスに突っ込んできた。 慌てた一高生たちが無秩序に魔法を発動したせいで、サイオンの嵐が起き、 まともに魔法が効果を発揮しなくなってしま...
[2014/06/08 08:52] 空 と 夏 の 間 ...
「魔法は手段であって、それ自体が目的ではない」 九校戦の会場に向かう達也たちのバスにテロリストと思しき車が突っ込んできた! 慌てて数人が魔法で対処しようとしたが、渡辺は慌てて魔法をキャンセルするよう指示。 十文字と深雪とで対処することになったが…
第10話「九校戦編Ⅲ」 一校生の乗ったバスに突っ込んで来る車。 魔法の同時使用はやっぱり干渉しあうからダメなのね。磨利先輩が魔法を発動しようとした生徒を鎮め、対処は深雪と十文字。 深雪の魔法がどんなものか全然わかんない。このシーンだけで理解しろと言われても無理だよね。しかし影の功労者はやっぱり達也だったと期待を裏切りませんw
[2014/06/08 12:23] いま、お茶いれますね
「魔法の痕跡があった」 バスへと突っ込んできた車が事故では無く自爆攻撃だと見抜いた達也 そして懇親会が行われた宿泊施設の周囲には怪しげな人物が… 【第10話 あらすじ】 九校戦の会場に向かう途中、対向車線を走る車がガード壁に激突。宙を舞って一高生の乗ったバスに突っ込んできた。慌てた一高生たちが無秩序に魔法を発動したせいで、サイオンの嵐が起き、まともに魔法が効果を発揮しなくな...
[2014/06/08 19:56] WONDER TIME

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

アクセスランキング レンタルCGI